ホーム > 歯周病

歯周病

新しい歯周内科治療

今までは・・・

歯周病は、細菌によって引き起こされる病気と考えるのが定説で
細菌の塊であるプラークを時間をかけた歯磨きなどで除去し、治療するのが一般的でした。

しかし最近、歯周病の原因が実はカビのカンジダ菌が大きく関与していることが判ってきました。
歯茎や歯の表面組織にカンジダ菌やその胞子が侵入しており、プラークの大部分も実は
カンジダ菌だったのです。口腔内の細菌を位相差顕微鏡で見て頂きます。

歯周内科治療はお薬を飲んで体の中から菌をたたき、特別なシロップでカンジダ菌を
除去して歯茎を治す痛くない治療です。

健康な歯肉と骨の回復までが目標なので、メンテナンスを続けましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歯原性菌血症

お口の中の細菌は、粘膜から毛細血管に入り1分で全身へ
血管に入って全身をまわった細菌は、すぐに症状が出ないので気付きませんが、少しづつ蓄積して内臓の病気に繋がっていきます。(糖尿病・関節リュウマチ・心内膜炎・動脈硬化・誤嚥性肺炎・早産 など)
  

*歯周内科治療*

 お薬を飲んで体の中から菌をたたく。

 特別なシロップでブラッシングしてお口の中のカンジダ菌を除去。

 医院で気ちよくプロのケアを受けながら歯周病菌を除去していきます。

     改善が芳しくない方には、菌の特定の検査をしお薬を変えていきます。

                     

 費用:歯周病症状により    
     (歯周病菌特定検査2回・3DSトレー・電動ブラシ)

 <歯周内科治療後のケア>
ご自宅のセルフケアでお勧めしています。
ぺリオバスター:天然成分だけで構成されているので非常に安全な歯磨き剤です。カンジダ菌にも効果があります。
ヒノキ由来の成分が入っています。
ヒノキアレルギーの方はお知らせください。

     

<栄養状態が悪いと歯周病菌が増殖する>
★ 低栄養を改善して免疫力を上げないと歯周病菌が増殖。栄養と除菌が歯周病菌を抑えます。
<腸の免疫力をアップして歯を守る>
★ 私達の体は、口を入り口として胃・腸から黄門へ続くトンネルのようになっています。
  リンパ球が口腔と腸管を循環しているから腸管の免疫力を鍛えれば口腔もきれいになる。

免疫細胞全体の約6割が腸内に。だからこそ腸の免疫細胞を活性化する
事が、免疫力を高めるポイントです。
抗酸化物質ビタミンC・E、αカロテン・βカロテンを含む食品は歯周病を予防する。
脂質も大切です、オメガ3脂肪酸(不飽和脂肪酸)が炎症を抑えて細胞を再生する。
(亜麻仁油・え胡麻油・しそ油)

        


(医)健和会 デンタルケア未来
〒336-0923 埼玉県さいたま市緑区大間木2-22-23
048-762-8143

Copyright (c) Dentalcare MIRAI All Rights Reserved.